2019.03.09更新

ネット通販のバイアグラは中国偽造品もあり医院で処方

現代日本では、勃起不全が大きな社会問題となってきています。
一般的には、EDと呼ばれています。
勃起が十分にできずに、満足の行く性行為が不可能となりますので、本人のみならずパートナーにも少なからぬダメージを与えるものです。
実際に、EDがもとで離婚したり、家庭が崩壊した事例は少なくありません。
深刻な事態をもたらすEDですが、決して治療ができないわけではありません。
医院の医師昨今は有効な治療薬があって、医院に行けば医師の診断を経て処方されることとなっています。
おそらく、EDと診断されれば最初にバイアグラが処方されることでしょう。
バイアグラはファイザー社によって1998年に開発された治療薬です。
ED治療薬としては最も長い歴史を持ち、多くの実績を築いている薬ですので、厚い信頼があります。
バイアグラの効果は、5時間~6時間にわたって持続すると言われています。
もちろん、服用する人によって個人差はありますが、平均的に、これぐらいの時間は効果が維持できるものと見られています。
また、バイアグラは食事の影響を受けやすいですので、空腹のときに服用することで、最大の効果が発揮できるのです。
さらに、アルコールの飲み過ぎにも注意が必要です。
適量であれば問題はありませんが、アルコールを過剰に飲むと、バイアグラの効果がほとんど得られなかったとの事例も少なくありません。
なお、バイアグラは医師からの処方を受けて服用するのがベストです。
ネット通販でも、バイアグラと銘打った薬が流通していますが、正規品とはほど遠い中国製の偽造品も多いと見られています。
むしろ健康被害を受ける恐れがありますので、極力、医療機関で医師の診断を受けるほうが安全です。